プロフィール

shoecaremeister

Author:shoecaremeister
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

シューケア人のミカタ
<シューケアのR&D経営者BLOG>  シューケア(靴のお手入れ・靴磨き)という仕事を通じて感じたことや、考えること、こだわりなどを綴り、語ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独学で切り開く
先日、日本メンズファッション協会主催の2012年グッドエイジャー賞の授賞式にお邪魔した。年
齢を重ねても人生を楽しみ、常に未来を見つめ、これから先もまだまだ色々なことに挑戦してみよ
うというバイタリティに溢れる方々を表彰する賞で、今年はフォトジャーナリストの笹本恒子さん、
ファッションデザイナーのコシノヒロコさん、俳優でケーナ奏者の田中健さんが受賞されました。

受賞者の一人の田中健さんといえば「俺たちの旅」ですね!小学生の頃(?)中村雅俊さんや秋野
太作さんなどと一緒に出演されていたのが懐かしく思い出されました。授賞式で田中さんがケーナ
の生演奏されていて、初めて拝聴しましたが、少しかすれた感じの音色が心に染み渡り本当に素晴
らしかったです。

田中さんによると、ケーナとの出会いは1983年の南米旅行中に偶然耳にしたのをきっかけだったそ
うです。その後、独学で練習し現在に至っているとのこと。プロのケーナ奏者となった今でも理想の
良い音を求めて練習しているという。そして、ケーナの練習やスキルの習得は独学で学んできたそう
だ。田中さん曰く「独学というのは遠回りすることも多いけど、これが良かった・・・。」と。確かに独
学というのは善し悪しがある。間違いなく指導者から教えを請う方が的確で、上達するスピードも格
段に速いだろう。最短の時間で効率よく上達したいということはだれもが思い考えることだ。

でも反面、田中さんのように自分で楽しみながらゆっくりと上達し、時には失敗をしたり、壁にぶつ
かりながら身につける技術や知識。これは膨大な時間と手間が掛り無駄も多少でるが、その壁を乗り
越えた時の喜びは何事にも代えがたいと思うし、本当の実力もつくはずだ。そういった意味も含めて
独学という難しい方法で道を切り開いた田中さんに心から敬服致します。

そして、R&Dでも少しこれと似たような経験がある。汚れ落しの定番的人気商品である“水性の靴
用汚れ落し”ステインリムーバー
は、僕が会社に入ったころは取り扱っていなかった。当時の日本で
は靴用クリーナーはチューブに入った中性クリーナーやローションタイプが主流で水性の液体クリー
ナーなんて市場で全く受け入れてもらえる雰囲気がなかった。

そんな時、イギリスから当時のメーカー担当者が来日して「何故、日本でステインリムーバーを売らな
いのか?」ということを聞いてきた。業界の異端児と言われたR&Dでも、「クリーナーはチューブや
ローションじゃないと売れない・・・」という先入観や、なんとなく「シミになりやすそう」「色落ちしそ
うな気がする」といった消費者や小売店さんの思い込みが強かったこともあったし、それ以前に、“液
体靴クリーム”じゃなく“乳化性靴クリーム”を使って下さいとそちらを営業する方が優先されていたの
で、汚れ落しは二の次だったというのが本音だった。でもそう言われてみれば・・・と試してみたら、とに
かく靴の汚れがすっきりと落ちて、表面の汚れだけでなく古いクリームまで落ちる。まさに肌をクレンジ
ングしている感覚と同じであることに本当に驚いた。そして、すっかりステインリムーバーの虜になって
しまったのを鮮明に記憶している。

靴磨き、靴のお手入れにおけるステインリムーバーの重要性を理解してからは、事あるごとにその必要
性とクリーナーとしての性能の高さを色々な人に説明し続けた。さらにブラシを使用した方法だったり、
布も様々な種類を試したり、革も様々な種類で試したりして、その良さをどんどん理解していった。そ
して「M.モゥブレィブランド」が誕生と同時に、独学で長年の改善を重ねた結果として完成したのが現
在の「M.モゥブレィ・ステインリムーバー」なんだ。

MowbrayStainRemover ステインリムーバー M.モゥブレィ


元々の英国製に比べて使用感がよりソフトで、皮革にダメージが少なく水分がスッと染み込み、皮革を
劣化させやすい汗の成分や塩分等も浮き立たせて落す。他のチューブやローションのクリーナーは、
“擦っている”感覚なのに対して、ステインリムーバーは汚れや古いクリーム、ロウ分をフワッと“浮か
せて取る”感じ。このやさしい感覚にすっかりはまって沢山のシューズを磨き、この“水性クリーナー”
のおかげで、それまで以上に靴のお手入れ、靴磨きが心底楽しくなった。

今回、田中健さんのお話を伺って、田中さんのケーナのように当社も理想のシューケア・靴みがきを目指
して改善、改良し続けたいと思う。向上することを楽しみながら・・・。


革靴用 水性クリーナーステインリムーバー

【M.モゥブレィ・ステインリムーバーのお話はこちらから】




シューケアをメジャーにしたい!
ロンドンオリンピックが閉幕した。ご存じの通り、日本は金メダル数こそ目標数に届かなかったが、メダルの総数は過去最大で、たくさんの感動をもらった。また久しぶりに日本全体に一体感があったように感じた。時差の関係で深夜に放映が多かった為、日本全国の皆が睡眠不足のような感じで、期間中は僕自身も昼間はかなりつらかったです(笑)

今回のオリンピックで印象に残っていることは、メダルを取る競技数が増たことだ。僕が子供のころは体操、柔道、レスリング等お家芸と呼ばれる競技がいくつかあって、特定の競技にメダルが集中していた。しかし、ロンドンオリンピックではフェンシング、アーチェリー、卓球、バトミントン、女子サッカーなど、こう言っては大変失礼だが、以前はマイナー競技と言われていた種目がメダルを取り、選手や競技そのものに注目が集まるようになった。

現在、子供たちの間では野球、サッカーに人気が集中しているものの、他方ではそれ以外のスポーツを専門的に習っている子も多くなっているようだ。今まで競技人口が少なかった種目にスポットが当たり、競技人口が増えて裾野が広がることで、子供からお年寄りまで幅広い年代の方が色々なスポーツを楽しむ土壌ができる。そして次第にそれが文化になっていくんじゃないかな。以前、欧米に比べて日本人は週末や仕事の後などにスポーツで汗をながしたり、楽しむ時間が少ないと言われていた。スポーツの文化が根付いてないということだったのかもしれないが、今後はスポーツそのものを楽しむ人、教える人、観戦を楽しむ人、応援する人など多くの人がスポーツに携わることで、身体的にも精神的にも良い環境がたくさんできればいいなと思う。また当社も何らかの形で将来的にスポーツ文化創造に関連するサポートをしていきたいと思っている。

さて、文化が根付く、裾野が広がるという意味では、当社が目指すシューケアも少しづつではあるが広がりを見せている。百貨店などで開催しているR&Dシューケアマイスターによる「靴のお手入れ実演会」に参加して下さるお客様も、以前はその場で靴を磨いて終わってしまうようなケースが多かったが、最近はお手入れ方法のコツや手順などを熱心に見て聞いて、自分でやってみたいという人が増えてきた。

blog2012 08 30

またR&Dが創業以来言い続けている「靴を洗う」「靴のクリーニング」という言葉も以前に比べればかなり一般化してきた。僕が会社に入ったころは「靴を洗う」という話をすると賛同してくれたり、驚く人も一部にはいたが、反面でお店の方から「そんなことをお客様にすすめたら大変なことになるよ!」と批判されたり、ドライな性格のバイヤーさんに「そんなビジネスにならない話はどうでもいい。」と言われたことも現実にあった。嫌な気分になったこともあったが、今思えばそれはマイナーだったスポーツの関係者の皆様も同じような感覚だったんじゃないかなと今回のオリンピックを見て感じた。

しかしマイナーだった競技でも情熱をもって選手を育成し、強化することで注目してもらえる存在になれるということがわかった。スポーツとは違うけれど、シューケアも靴売場に欠かせない絶対的商品になりたいという強い気持ちがあれば、必ず目標に近づけると今回のオリンピックで確信を深めた。今はまだマイナー競技かもしれないシューケアだが、近い将来メジャーな競技のようになれるよう、R&Dらしくこれからも努力し続けたい。


靴みがき 靴のお手入れに関するQ&A
モノの価値観を伝えたい
モノの価値を測る物差しはたくさんある。ブランド、店の暖簾などは築き上げてきた信用と品質からきているだろうし、ノーブランドであっても素材、デザイン、製法、耐久性、機能性等のどれかが秀でていれば価値は高まる。またコレクターが収集しているものは、個人によって価値観が違うため、興味のない人にはガラクタみたいなものであっても、コレクションしたい人にとっては「お金をいくら出しても手に入れたい。」と青天井的に値段が跳ね上がる。

革靴はその価値が一般的に理解されにくい種類の製品だと思う。靴そのものをなにげなく見ているだけではその製法や手間等から考えた価値が伝わりにくいからだ。そのためか人によっては靴を完全に消耗品ととらえ「とりあえず足が痛くならずに履ければいい」という考えの方もいる。そんな方には是非、靴の製造過程を見て欲しい。一般の方が想像している以上に、たくさんのパーツを使って、見えない部分や細かい部分にまで気を配っている、この凄い縫いの技術を習得するのにはかなり時間がかかるだろうなぁ、この皮革はこんな良質なものを使っているんだ・・・等々。グッドイヤー製法等に代表される縫い込み式の革靴には買い手を魅了するすぐれた技術やこだわりがたくさん詰まっているので、とにかくそれを見るだけで、それまでの知識や想像を超えて目からウロコが落ちる状態になれるはずだ。だからこそ靴作りの過程が消費者の目に触れる機会が増えれば、もっとその品質や価値を理解してもらえるようになると個人的に思うし、そういう機会を増やす努力をしていきたい。

手曲げ靴べら 日本製 ハンドメイド シューホーン


このようにモノの価値観というのはその製品の背景にある、製法、素材、こだわり等が買い手に伝わるだけで高くなってくるもの。言葉を変えると、人は良い意味でその製品がもつ価値が期待以上だったり、驚かされたりするとその製品に魅了されてしまう。実は最近そのような商品をR&Dは紹介し始めた。“手曲げ木製靴べら”という商品で、職人さんが一本一本丁寧にハンドメイドで作っている携帯シューホーン。最初は、ごく普通の天然木の靴べらに見えたので、正直に言うと、それほど興味がわかなかった。でもその商品の説明を聞いていくうちに、自分達が想像していたものとは全く違うことがわかり、のめり込んでいった。

まず靴べらそのものは、木を削って作られていると思っていたのが、熱を利用して曲げているという技術に驚かされた。まっすぐな木を湾曲させて靴べらを作るなんて全く想像していなかった。削りではなく曲げているから薄くても強度があり、かつ軽量でもある。さらにパープルハートという木は、「美しい赤紫色に塗装されているな。」と思っていたら、塗装したのでは無く木材そのものが赤紫色をしていると知り、すっかりはまってしまった。こうなるともう社風かもしれないが、皆様にご紹介しないといけないという変な使命感に燃えてしまう(笑)。

“良い意味で商品に対する期待や想像を超えた何かがあること。”全ての商品とは言わないが、R&Dの場合は創業以来、そんな商品を常に探し数多く開発してきた。そして、自分達がセレクトした商品をお客様に紹介して喜んでいただくことが仕事のやりがいや満足度に繋がっている。つまり、僕たちが本当にラインナップしたい商品は品質だけ良ければいいという訳ではなく、それにプラスして、人の想像を超えるものや驚きを与えるといったR&Dがセレクトする理由がある商品。今後もこのスタイルと気持ちは絶対に忘れることなく、商品に対する人が持つ思い込みや想像を良い意味で裏切り続けたい。


靴のお手入れに関する情報は→こちら
靴職人を目指す若者と学ぶ革のエイジング
先日、靴の専門学校でシューケアに関する講義を行った。
ここ数年は毎年の恒例行事となっている講義だが、目標のある若い学生の皆さんと一緒に勉強す
るのは本当に楽しい。

靴の専門学校と言えば、靴やバッグを製造する仕事をしたいという職人希望の方が増えているそ
うだ。靴作りの技術を学ぶ学校やカルチャースクールは盛況で、海外でも欧州の一流シューメー
カー等で日本人の若者が修行しているケースも多い。一昔前の特にバブル期などは、工場仕事な
どは3K(きつい・きたない・きけん)といわれ若い人が避ける風潮があった。

しかし、バブル崩壊後は、手に職をつけて自分の作品を世に送り出したいという職人希望者は確
実に増えているとのことである。他の理由としては、靴ブームに乗ってメンズ雑誌等を中心とし
たマスメディアで靴工場の雰囲気や、靴職人の方々の素晴らしい技術、こだわりが頻繁に取り上
げられ3Kのイメージが払しょくされたことも大きい。

シューケアレクチャー 講習会

実際に靴作りの現場にいくと60代、70代の方が多く、40代、50代は少ないが、逆に20代、30代
の若手は増えているという構図になっていることが多い。個人的にはこの若い靴職人の方々が増
えてきていることは、日本の物作りという観点においてはとても良い事だと思う。

日本人の繊細で緻密な技術を、今であればベテランの職人さんから若い方へ継承することができ
る(あるいは若い職人さんが技術を見て盗むことができる)と思うし、そうすれば積み上げてき
た日本の靴作りのノウハウと新しい感性が融合して新たなるMade in Japanシューズができる
んじゃないかな。僕自身が職人では無いので、勝手にこんな話をするのはどうかなと思うが、す
でにそのような兆しがあるし、今後が本当に楽しみである。

さて、シューケアの講義に話を戻そう。靴作りやデザインの勉強をしているとはいえ、実際には
革のお手入れについて詳しく知っているという方は少ない。だから僕がシューケアの講義の場で
強調するのは「お手入れできる皮革製品を企画、製造して下さい。」というシンプルなこと。当
たり前すぎてがっかりする方も多いかもしれないけど、実際に革製品はお手入れすることで天然
の素材の美しさや光沢感がでて、素材の良し悪しがわかるようになるし、製品の価値が高まるこ
とも多いから。

市場では低コストを追求するためかもしれないが、お手入れをすると色が抜けてしまったり、ツ
ヤが消えてしまうもの、目先の面白さだけのデザインや仕上げの関係でクリームなどが塗れない
靴もある。クリームが塗れない靴=お手入れができない靴という意味で、そのような革製品を購
入した方は結果としてただ劣化を待つのみなので虚しさを感じるんじゃないかな。

だからこそ皮革製品購入後の楽しみの一つであるエイジングする革を使ってほしい。革のエイジ
ングとは経年変化のことで、お手入れすることで皮革の発色、光沢感が良くなり、革の美しさが
際立ってくること。シャツ等の繊維は購入した新品時が一番良い状態なのだがケアできないので
劣化が進む、それに対して天然皮革はケアすればするだけ風合いも色艶もよくなり丈夫になる。
これを覚えると天然皮革の製品を使うのが本当に楽しくなるし、次はどんな革を買おうか、選ぼ
うかが一つの楽しみになる。

つまり冒頭の「お手入れできる皮革製品を企画、製造して下さい。」というのは革製品を使いな
がらケアをして育てていく楽しみ方を含めて企画、製造して欲しいということ。お手入れも含め
て提案すれば絶対にその製品のファン、リピーターが増えるという意味を込めている。

そのような願いを込めながら、これからも靴やバッグを企画して製造する若きクリエーター、職
人の皆様にケアの楽しさを語り、伝えていきたいなと思っている。僭越ですが、僕が教えた学生
の皆さんが「お手入れする楽しみがある良品」を作り出し、近い将来その製品に出会うことが本
当に楽しみなんだ。

R&Dホームページは→ コチラ
シューケアに没頭した日々を振り返って
 シューケア(靴のお手入れ)という仕事に就いてからおよそ20年という年月が過ぎた。20代の
ころは20年後なんて想像もしたことがなかったけど、気の遠くなるくらい先のことだと思って
いた。でも実際に振り返ってみるとあっという間に20年が過ぎてしまったというのが実感だ。

 会社に入った時はもちろん僕自身は業界の右も左もわからなかったので、まずは社内で出荷し
たり、伝票を書いたり(今では信じられないが当時は手書きの伝票も結構あった)、商品の検品
や作成したりと「何でも屋」的にがんばった。そうしながらシューケアの楽しさや奥の深さにど
んどんのめり込んでいった。社内で仕事をすることに不満はなかったけど、本質的に外に出て商
品を販売したり、早く自分が良いと思う靴のお手入れ方法を人に紹介したかったので、モチベー
ションを維持するのに苦労した覚えがある。

 その後、晴れて営業になり思いきり暴れてやろうと意気込んで飛び出してみたものの、当時の
市場では靴クリーム類は靴業界の隠語で「付属品」と呼ばれていて、置き場所もレジの下の見に
くい場所や、ひどいケースになると店頭には出さずに店の裏に什器を置いているところもあった。
言い方は悪いが、そのくらい虐げられていた。営業に行っても、会社やブランドのネームバリュ
ーがなかったこともあって、ほとんど相手にされなかった。

 そして、いわゆる付属品販売に関しても靴を販売した際にお客様に聞かれた時だけ“靴クリー
ム”を紹介するといった接客が主流だったので、僕が靴クリームの伸びや使用感等の性能や他の
クリームとの違いをお話するチャンスを頂いても、最終的に「・・・でも靴クリームなんてどこのメ
ーカーでも同じでしょ!?」と言われることが日常茶飯事だった。そんな風潮だったのでサドル
ソープなんて紹介しても全く取り合ってもらえなかったなあ(笑)。

靴のお手入れ 靴クリーム シューケア

 でも自分自身のテンションは全く落ちなかった。それはR&Dの社風や体質にあったと思う。R&D
は人数こそ少なかったけど、全員が商品のクオリティに自信を持っていたし、シンプルでより良い
シューケアの方法や商品を紹介して皆さんに靴が好きになってほしい、お手入れの楽しさを知って
もらい靴を好きになってほしいという信念があったから。

 また、その信念のおかげで、テンションが落ちなかっただけでなく、その後も自分たちの商品セ
レクトがぶれなかった。例えばインスタント的な液体靴クリーム(リキッド)に手を出さなかった
ことや、チューブに入ったペースト状の靴用汚れ落し(中性クリーナー)の取り扱いも止めること
ができた。結果として他社との違いが自然に明確化されて、R&Dのコンセプトやスタンスが、シュ
ーケアに熱心なお店(会社)、靴や靴のお手入れが好きな方々に伝わったと自負している。

 ただ、その時々の現状を変えてやろうという発想と行動は、それまでのやり方を否定することに
もなるので周りから批判、中傷されたりしたこともあった。だけど全くと言っていいほど気になら
なかった。たぶんそれは、R&D自身でセレクトした商品を純粋に気に入っていたし、絶対に理解し
てくれる人がいて、R&D発信のシューケアのノウハウがスタンダードになると本気で思っていたか
らだ。さらにスタッフ全員が同じ方向を向いていたことも大きかったと思う。

 そんな20年を振り返って一番うれしく思うことは、「R&Dのシューケアを通じて靴が好きになっ
た。」という言葉を頂いたり、R&Dの商品や考え方に賛同して頂いて今日まで長年お付き合いが続
いているお取引先様、お客様が少しづつだけど増えていること。熱心に取り組んでいただいた方々
にたくさんのパワーと元気をもらってきたことだ。

 これからも、そんな皆様に心から感謝をしながら、まだR&Dの商品やノウハウを知らない方に楽
しいシューケアを紹介し続けたい。今までと同じやり方で構わないので一歩一歩着実に。その結果
として、靴のお手入れが好きで、革靴が好きという人が少しでも増えてくれれば最高にうれしいで
すね。

シューケア M.モゥブレィ 靴クリーム

R&Dシューケア情報は → こちら

R&D facebook 始めました!

R&Dシューケアマイスターfacebook


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。